お供えの花について

事故で死んだ友人に、お供えの花を贈りたいのですが、
今月の21日に捜索願いが出され、24日に遺体が見つかり、

26日にお通夜、27日にお葬式が行われ、
死亡原因は、登山中に不慮の事故です。

私は、お通夜には出席したのですが、
その際にお香典返しの満中陰志がすぐにかえってきました。

初7日をお葬式と一緒に行う場合もあるそうですが、
友人の自宅に初7日から49日の間に花を贈ってあげたいのですが、

失礼にあたらないでしょうか?

カテゴリー: 質問・疑問 パーマリンク

1 Response to お供えの花について

  1. 釈迦堂 店主 のコメント:

    T.Y 様:

    このたびは釈迦堂ネットショップにお問い合わせいただき、
    誠にありがとうございます。

    ご友人のご逝去謹んでお悔やみ申し上げます。

    お花の御供をされる場合の日にちに関しましては、
    お贈りしてはならない期間とかはございませんので、
    ご安心下さいませ。

    ただ1点注意が必要なことがございます。
    満中陰法要=七七日(49日)までに御供えされる場合は、
    赤色や青色などの華美な色花は入らないように気をつけましょう。
    白色を基調としたお花でアレンジでお贈りして下さいませ。

    花屋さんで依頼するときには、
    お届け先がお葬式を終えて間もない旨であることをお伝え下さい。
    そうすればご予算にも寄るでしょうが、
    カサブランカなどを中心にアレンジしていただけると思われます。

    満中陰が終われば色にこだわらなくて結構ですよ。

    まずは取り急ぎご返信申し上げます。

コメントは停止中です。